ご予約・お問い合わせはTEL03-5982-3588

診療科目

携帯サイトへ

インプラント

歯がなくなってしまった部分の歯茎に、新しく第二の永久歯ともいえる人工の歯を植え、その上に固定式の歯を入れる事によって、もとのご自分の歯と同じように噛む事ができる治療法です。

インプラント治療とは

インプラント

最近ではインプラント治療もどんどん進化し、成功率は99%を超えます。歯を失ってお困りの方には、耐久性、機能性、審美性すべてを兼ね備えた大変すばらしい治療法です。

以下のような患者様におすすめです。

  • 入れ歯がどうしても合わない方
  • 職業柄、また年齢的にどうしても入れ歯にしたくない方
  • 歯が抜けた部位を治療するのに隣の歯を削られたくない方
  • 以前と同じ天然歯のような噛みごごちの歯がほしい方
  • 総入れ歯ががたついて、どうしても安定しない方

当クリニックではインプラント本体について10年間保証をお付けいたしております。
(ただし、定期検診と定期的なクリーニングをお受けいただいている方に限ります。)


インプラント治療における事前検査の重要性

インプラント治療において最も重要なことは、術前のCT検査による的確な診断と治療計画です。まず、CT検査をお受けいただき、その結果をもとに慎重に症例検討をさせていただいた上で治療計画をたて、安心安全なインプラント治療を行います。

インプラント治療を行うと

歯を1本失った場合

失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。

歯を1本失った場合

歯を何本か失った場合

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

歯を何本か失った場合

歯をすべて失った場合

従来の総入れ歯ではなく、インプラントを用いて治療します。この方法なら、インプラントが義歯を支える土台となる為、お口の中で義歯を安定させる事ができ咀嚼効率もあがります。

歯をすべて失った場合

骨が薄い方のために

ソケットリフト

骨の厚みが薄くインプラントを植立するために十分な長さが確保できない場合があります。このままインプラントを植立しますと上顎洞(副鼻腔)に突き抜けてしまう危険性があります。そういう方にはより安全安心な治療を行うためにソケットリフトを行います。


サイナスリフト

さらにもっと骨の厚みが薄くインプラントの長さを十分に確保できない場合には上顎洞内に骨を足し、再生させる術法であるサイナスリフトを行います。これもインプラントをより長期にわたり安全にお使いいただくための方法です。



インプラントメーカーについて

当クリニックではアストラテック・インプラントを使っています。

何十種類もあるインプラントメーカーの中で、アストラテックを使っているのにはわけがあるのです。それは三大インプラントメーカー(アストレラテック・インプラント、ITI、ブローネマルク)の中で一番骨の吸収率が少ないからです。

インプラントをより安全に長くお使い頂く為には骨を溶かさない事が大変重要だからです。

当クリニックでは、一度入れたインプラントを少しでも長く快適にお使いいただくためにアストラテック・インプラントを使用しています。

現在、安い早いを売りにしたマイナーメーカーのインプラントもたくさん出回っておりますが、もし転居なさって今の歯科医院に通えなくなってしまったらどうでしょう?

転居先でその後のメンテナンスができる歯科医院を探すのは大変困難なことだと思います。そんなことにならないためにもインプラントシェアの高いメーカーをお選びになるのが賢明かと思います。

歯が抜けたままでいると

歯が抜けたままでいると、かみ合う反対側の歯(上なら下の歯、下なら上の歯)がだんだん伸びてきてしまったり、隣の歯が倒れてきたりします。

そうすると当然のことながら、かみ合わせが悪くなりますので、残った歯にまで大きな負担がかかってしまい、ついには次々に歯が抜けていってしまうということがおこりえます。

ですから、歯が抜けたままの状態は一刻も早く何らかの治療法により改善しなければならないのです。

インプラント治療、よくある質問

Q. 誰にでも治療は受けられますか?
年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から、健全な方であれば基本的には誰でも治療を受けることができます。ただし、全身疾患のある方、妊娠している方などインプラント治療を受けられない場合もあります。当クリニックではCT撮影による厳密な検査をしていただいた上で分析し、安全で確実な治療計画を立てさせていただきます。

Q. 治療期間はどのくらいかかるのですか?
インプラントを埋入した部分や個人によって差がありますが、4ヶ月から7ヶ月程度の治療期間が必要となります。治療期間が長いとお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、インプラントを安心して長期にわたってお使いいただくためには、インプラント本体がしっかり骨と癒着するための時間が必要なのです。

どんなに早く治療が終わっても長期にわたってお使いいただけないようでは困ります。インプラントは高額な治療ですので、安全に安心して長期にわたってお使いいただけるよう十分に時間をかけさせていただきます。

Q. インプラント手術に伴う痛みや腫れはありますか?
インプラント手術を行う際には十分に麻酔をしてから行いますので、お痛みはほとんどありませんのでご安心ください。当クリニックでは手術中に寝てしまわれた方もいらっしゃいます。

ほとんどの方が思ったより全然痛くなかったという感想をお持ちのようです。手術後のお痛みも、通常痛み止めを1~2回飲んでいただく程度です。手術後、多少腫れる方もいらっしゃいますが、ほとんど1週間位のうちにはおさまります。

Q. 合わない入れ歯をインプラントに変えられますか?
入れ歯をインプラントに変えることは可能です。違和感が強くてどうしても入れ歯を入れていられない、入れ歯が合わない、入れ歯でよく噛めないなど入れ歯に関するお悩みをお持ちの方、是非ご相談ください。

Q. インプラントはどの位もちますか?
インプラントはメンテナンス(定期検診とクリーニング)さえしっかりしていれば、他の歯科治療よりも長期的によい結果をもたらします。

インプラントを一生大切にお使いいただくためには、毎日のご自身での正しい歯磨きとこちらでの定期検診と定期的なお口のクリーニングが不可欠なのです。お口の清掃状態が悪いと歯槽膿漏が進み、インプラント本体を支えている骨が溶かされてしまうため、寿命が短くなる場合もあります。

当クリニックでは4~6ヶ月に一度の定期検診とクリーニングをお受けいただいております。

最後に本当に今インプラント治療が必要か

確かにインプラント治療は歯を失ってお困りの方には、機能性、耐久性、審美性すべてを兼ね備えた非常にすばらしい治療法であることには間違いありません。

しかし、インプラント治療は高額でもありますし、また外科的な治療を必要としますので、どうしても不安だという方もいらっしゃるかと思います。もし、いろいろな意味で負担が大きいと感じていらっしゃるのでしたら、今はあなたにとってインプラント治療をお受けになる時期ではないのかもしれません。

しかし、抜けた部分をそのままにしておくことは残った歯の寿命を縮めてしまうことになり、決して良いことではありません。そのときは一度入れ歯を入れてみて様子をみてみるのもひとつの選択肢です。

あなたが「どうしてもインプラントにしたい」と思えるときがインプラント治療を受けるべきときなのです。何が何でもインプラントというのではなく、インプラント以外の治療法もあるのですから、どうしても不安だという方は是非一度ご相談下さい。




インプラント:さとう歯科クリニック(東京都新宿区 下落合、歯科医院・歯医者)

診療のご予約・お問合せ ご予約・お問い合せページへ

| HOME | ご挨拶 | 当院の特徴 | 治療費  | 診療の予約 | 医院案内 |